2006年01月25日

尿検査したよ

先月3日に尿検査をして1ヶ月。
本当は、今月4日に病院へ行かなければならなかったのだけど、尿の採取のタイ
ミングが診察時間と合わなかったりして延び延びになってしまいました。

まずは、尿検査の為の尿採取です。

omaru-0125.JPG

まずは、おまるの台の部分を開けてラップを敷きます。



omaru-01252.JPG

台を戻して、おしっこをしてもらいます。



uro-0125.JPG

ラップの上にたまったおしっこに、ウロキャッチャーという道具の先を浸し吸わせま
す。
このウロキャッチャーという尿採取用の道具は、病院からもらいました。
コットンと洗濯バサミと割り箸で、類似品は作れそうです。
このウロキャッチャーとおまるdeキャットがあれば、もうラップはいらないかもしれ
ません。
おしっこしてるところへ差し出して、直接採取も出来ると思います。
これも、練習してみます。

採取した尿を病院 病院 へ持って行き、待つこと20分。
結果が出ました。
尿pHは少し高めの6.5でしたが、尿比重(おしっこの濃さ)も色も良く、ストラバイト
もナシ。るんるん
1ヶ月に1回の尿検査から、3ヶ月に1回の尿検査で大丈夫になりました。わーい(嬉しい顔)
多分、普通食 レストラン に戻しても大丈夫だと思いますが、念のため療法食は続けようと
思います。
お財布 有料 は痛いですが、琥珀が元気ならそれでいいです。

体調も良く熱も平熱だったので、ワクチンも打ってきました。
副作用も今のところ大丈夫のようで、いつもどおり元気にしています。

KH-0125.JPG

琥珀 : もう病院イヤにゃぁ (´ヘ`;)

猫  おことわり  猫

前回の記事の「猛特訓」ですが、今まで使っていたおトイレを完全に片付けるなど
の方法は、ちょっとばかり乱暴なやり方です。
神経質な猫ちゃんだと、おしっこを我慢してしまうことがあります。
琥珀は、砂の入ったおトイレなら何でも大丈夫なのと、使い方だけを直したかった
ので強行しました。

posted by あぽこ at 23:34| Comment(11) | TrackBack(0) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
尿検査、良い結果が出て一安心ですね。
琥珀君、頑張った甲斐ありましたね。
治療も検査も予防も、何にしてもお金かかります。
もっと安くならないのかな?
猫を飼ってる人の半分以上は、病院へ連れて行ったことも無いと思いますよ。
(私もtessは避妊手術しただけで、10年位病院へ行ってませんでした。)
でも家族ですものね、お金には換えられませんよね。
Posted by まろっち at 2006年01月26日 08:12
尿検査の結果よかったですね。
あぽこさんの努力の賜物だと思います。

私はちゃんとぐりとぐらの体調の変化に気がついてあげられているのかなぁと時々不安に思うことがあります。
ぐらは、体重が6.4キロで、ぐりは5.8キロあります。「肥満?」と心配になっていましたが、1年位体重に変化はなく、病院の先生に聞くと、「この子達は体型が大きいし、このまま維持していれば問題はない」と言われてほっとしています。
ぐらは、とても神経質でパニックを起こしやすい子です。家に他人が入ってくることが許せなくて、攻撃的になります。(私も思い切り膝の上を噛まれて
病院に行ったことがあります。)
ぐりは、とっても甘えん坊さんでゆったりした感じの子です。

あぽこさんのコメントと琥珀くん達の表情がとてもぴったんこで、家族の気持ちがよくつかめてるなぁと思います。

Posted by gurigura at 2006年01月26日 09:12
琥珀君、病院嫌いなの?
そうだよね、いつも検査や痛い事ばっかりだもんね。
でもみんな琥珀君のためなんだよ!
猛特訓だって、本当はやりたくないけど
琥珀君の健康のためにした事だもん頑張れるよね!
エライね〜琥珀君♪
ふう太も来月ワクチンのために大嫌いな病院に
行かなくちゃです。キャリーに入ってくれるか心配。。
Posted by サリ子 at 2006年01月26日 14:28
まろっちさんへ
本当に、一安心です。
実は私もきららや琥珀たちと暮らすまで、動物病院とか予防注射とかには無縁でした。
小さい頃から猫のいる生活でしたが、今の飼い方と違って、とっても適当だったと思います。
過保護すぎてもいけないですが、ペットというより家族の一員という感覚になってしまっているので、健康で長生きしてほしいということを願わずにはいられませんよね。

guriguraさんへ
ありがとうございます。
頑張ったことを褒めてもらえると、本当に嬉しいです。
大丈夫。guriguraさんだって、ちゃんと気付きますよ。
ちゃんと体重も把握していて、肥満とか気にしてあげてるし、それぞれの性格も分かっているから、ぐらちゃんが膝を噛んだ理由も理解できたんですよね。
大丈夫。これだけでもguriguraさんが、ぐりちゃんぐらちゃんのこと大事にしてるのわかりますもの♪

サリ子さんへ
琥珀は病院、大嫌いです。
獣医さんにフーフーシャーシャーと威嚇しまくります。
ただ、絶対に攻撃しないとこは褒めてあげてます。
キャリーケースを昼寝場所の一部にしているので、連れて行くには問題ないのですが、いざ病院で診察となると、今度は出てこなくて困ります。
ふう太隊長も来月は病院かぁ。
チクっとするけど、すぐ終わるから頑張ってね♪
Posted by あぽこ at 2006年01月26日 17:49
琥珀君!こねぎだよ!わさびもいますよ!尿検査の結果よかったね。これで、ひと安心かにゃ。わたちたちも、病院大嫌い!にゃんだよ。イヤだよね。お注射したり・・・でも、健康のためには しょうがにゃいけどね。何も問題なければあんしんするしにゃ。
Posted by びわ at 2006年01月27日 00:13
琥珀ちゃん、ホント尿検査の結果よかったにゃ〜
でも、気を抜いちゃいけにゃいんだよね。
療養食、もうちょっと我慢しようにゃ〜

なるほどd(゚ー゚*)
こうやって、尿検査ってするんですね〜

トイレについては、ぴーの先生に無理やりかえるのではなくて、今まで使っていたのも置いて、2つにして、いつの間にか使っていたっていう自然な感じがいいと言われました。
気長にがんばろうね、ぴーちゃん!・・ぴーママ
Posted by ぴーすけ at 2006年01月27日 01:42
琥珀くん!よかったですね!!!
普通のストラバイト結晶による膀胱炎だったのですね。再発は多いみたいなので、ずっと気をつけるのはとてもいいことだと思います。
ご存知だとは思いますが、処方食はずっと続けると今度はシュウ酸の結石になりやすくなるらしいです。維持食というやつならどちらも予防できるそうです。
うちのふーちゃんは「特発性膀胱炎」というのらしいです。特発性って原因不明ってことらしいです。細菌が原因ではないので抗生剤とか効かないらしいです。
Posted by にゃーにゃ at 2006年01月27日 10:24
ウロキャッチャー??初めて知りました。
勉強になるなぁ〜。

↑にゃーにゃさんも尿採取には色々とチャレンジされてますよね。

みなさんの体験話は、本当に勉強になります。
Posted by mikumo at 2006年01月28日 11:39
びわさんへ
わさびちゃん、こねぎちゃんも病院は嫌いにゃの?
そうにゃよね。
ボクの場合、病院に行くと足もぐいぐい引っ張られるにゃ。
おしっこを見るので行ったんにゃないの?っていつも思うにゃ。
でもあぽこは裏切って、ついでだからっていうにゃ。o(`ω´*)o   琥珀より

ぴーすけさんへ
そうですね。ぴーちゃんの先生の言うとおり、ゆっくり変えるのが一番いいです。
でも、このウロキャッチャーとラップがあれば、無理に変えなくても尿採取出来るかもしれないです。
病院でも採取してくれるそうですが、オナカをギューって揉まれるそうです。聞いただけで痛そうですよね。

にゃーにゃさんへ
ありがとうございます。
でも、ふーちゃん、原因不明なんて心配ですね。
早く良くなりますように。ふーちゃん頑張ってね。
それと、処方食の件。
勉強不足でしたガ━(゚Д゚;)━ ン !!!
近いうちにまた病院へ注文に行く予定なので、先生に確認してみます。

mikumoさんへ
本当に、にゃーにゃさんは沢山勉強されててスゴイです。
ウロキャッチャーって便利ですよ。
ラップと組み合わせて使えば、トイレも変えないでいいかもしれないです。
ただ琥珀の場合は、お尻をトイレの砂ギリギリまで下げるのでおまるへの変更が必要だったわけなんです。
また3ヵ月後に検査なんですが、「なんちゃってウロキャッチャー」を作って練習しておこうと思います。(笑)
Posted by あぽこ at 2006年01月28日 18:11
ナルホドー(゜o゜)
大変お勉強になります。
コットンと洗濯ばさみとわりばしは
これから必需品になりそうですね。
いざという時慌てないようにしたいと思います
Posted by umi at 2006年01月28日 19:21
umiさんへ
膀胱炎とかの病気にならなくても、健康診断の項目に尿検査とかが入っていたりしますよね。
まだ受けたことがないので、はっきりとは分かりませんが、やっぱり飼い主が採取して持ち込むってことになるかもしれないですし。
その時のために、採尿のしかたを知っておくと慌てないで済みますよね。
Posted by あぽこ at 2006年01月30日 22:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。