2006年03月20日

ここあ

今朝(3月19日)、ここあが亡くなりました。
猫伝染性腹膜炎(FIP)でした。

皆さんから教えていただいた「ミルクかけゴハン」を気に入って食べていたものの、食事量が増えずにいました。
少食な子なんだと思っていました。

異常に気付いたのは、琥珀の大学病院の翌日。
カビちゃん消滅の最終検査の時でした。
体重の減少。
獣医さんから、この時期の体重減少は危険だとして、血液検査やレントゲン検査をすすめられました。
結果、コロナウィルスに感染していることが判明しました。
発熱、貧血、黄疸、脱水、腹水・・・色々なことが判明しました。
食べられなかったのは、病気のせいだったんです。


脱水を緩和するため点滴をしたり、注射をしたり・・・。

C-0319-1.JPG

点滴でオナカがプクプクです。


胃薬を飲んでも食事量が増えず、最後は強制給餌までしていました。
痛い注射にも、まずい飲み薬にも耐え、頑張りました。

C-0319-2.JPG

一週間前に撮った写真です。まだ遊ぶ元気が残っていました。

今は、何をどこまで書いたら良いのかわかりません。

琥珀とここあのツーショットを楽しみにしてくださっていた皆さん、こんな結果になってしまってごめんなさい。
でも、ここあはこの2週間、ものすごく頑張りました。
どうか、ほめてあげてください。



posted by あぽこ at 00:24| Comment(29) | TrackBack(0) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

琥珀、大学病院へ行く

昨年の12月、琥珀は持病の「しつがい骨内方脱臼」の悪化で、半月ほどケージ暮らしをしていました。
その時の記事:http://apoko.seesaa.net/article/10185878.html  です。

今はびっこを引くことは無くなりましたが、時々後ろ足をカクカクさせています。


脱臼が悪化して、歩けなくなったら・・・という不安と、運動量を制限することでの健康面への影響を心配する私を見て、今、お世話になっている病院の獣医さんが、大学病院での診察をすすめてくれました。
猫のしつがい骨脱臼は珍しく、専門に研究している獣医さんに診てもらったほうが良いと思うということでした。
紹介状も作ってもらい、整形外科専門の獣医師がいる大学病院へ行くことになりました。


病院の予約時間は、10時30分。
それより早めに着いて受付をすませました。
受付は、動物の種類、毛色、誕生日、ワクチンの接種暦、今回の診療目的など簡単なものでした。
1時間ほど待つと、若い研修医っぽいお兄さんが呼びにきました。
いよいよ診察か?と思ったら、診察前の検査でした。
問診の内容を確認して、軽く身体検査をしました。
琥珀は、シッポをオナカの方へ丸め、姿勢は香箱を組む形で、額を診察台にぴったりとくっつけて丸くなっています。
全身の毛を逆立たせていたため、怪しい毛玉と化していました。わーい(嬉しい顔)
なるほど、彼なりに考えて捕まえづらい体勢になったつもりなんでしょうね。
これから、レントゲンと血液検査をされるそうです。
いつも病院で琥珀を補ていするのは私でしたが、大学病院では、すべてスタッフがやるようです。
私はまた待合室に戻されてしましました。

そして待つこと1時間、ようやく琥珀が検査から戻ってきました。
唸って威嚇していたものの、攻撃はしなかったようです。

診察前検査が終わってから、3時間半後。
ようやく順番がきました。
診察室の中には、教授先生の他に8人くらいの獣医師(?)がいました。
こりゃ、琥珀じゃなくてもビビります。がく〜(落胆した顔)

診察台の上に出ると、また怪しい毛玉になる琥珀。
獣医師(?)と、教授先生とで、琥珀の足を診察しました。
いつも病院で何度もこねくりこねくりされるのに、教授先生は少し触ったくらいで、骨の状態がわかったようです。

すぐに説明してくれました。

0306-1.JPG

上の図は、ヒザの骨の断面です。
「凹」が骨。その上の「○」がヒザのお皿の骨です。

まず、@は犬の場合。
骨の溝部分に対してお皿の骨は小さく、もし脱臼する場合は、黒の斜線のように骨を削る手術をすれば治る可能性が高いそうです。

そして、Aは、猫の場合。
骨の溝に対してお皿の骨が大きく、溝を深くする手術をしてもお皿の骨がその部分に収まらないことが多いそうです。

そして、Bは、琥珀の今の骨の状態。
脱臼が慢性化して、骨の一部(赤い斜線部分)が磨り減って新しい溝が出来ているそうです。

新しい溝ができているとは言っても、炎症はおきていませんでした。
これは、レントゲンの結果からわかるそうです。
炎症がおきていないことから、お皿の骨がずれても痛みは感じていないはずとの診断でした。
「歩けなくなる」という心配は今のところなく、運動制限も解除していいそうです。ぴかぴか(新しい)

ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

今まで疑問に思っていたことが解決して良かったです。るんるん
診察予約から2ヶ月半、待った甲斐がありました。

次は3〜4ヵ月後、骨の成長具合と、運動制限を解除して、炎症がおきなかったかを診るそうです。
診察希望日の1ヶ月前に電話予約してくださいとのことでした。


KH-0306-2.JPG

琥珀 : 待ち時間長くて、疲れたにょ ふらふら

あぽこ : 診察まで6時間待ったもんね〜たらーっ(汗)



posted by あぽこ at 01:38| Comment(18) | TrackBack(0) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

ひなまつり

今日は、ひな祭り。

0303-1.JPG

あぽこ母からもらったお雛様。ぽちゃっとホッペがカワイイ かわいい


0303-2.JPG

おまけで、猫のダヤンとリスのマフィット。
マフィットはのえるに似てるでしょ?



N-0303-3.JPG

あぽこ : 今日はひな祭りよ。

のえる : じゃぁ、ひなあられくだしゃい。るんるん



C-0303-4.JPG

あぽこ : ここあ、足、おろしなさい。ふらふら

ここあ : なんで?


バースデー  かわいい  バースデー
最近、のえるは写真を撮るときに「ニコッ」って顔してる?(←親ばか?)わーい(嬉しい顔)
ここあは、お雛様は初めてだね。
お雛様、また1年、健康で幸せに暮らせますように 揺れるハート
posted by あぽこ at 23:49| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

ミルクかけゴハン

ここあのミルクかけゴハンの用意をしていると、視線 目 が・・・。

KH-0301-1.JPG

琥珀 : ねぇ、ねぇ、それ、ここあのゴハン レストラン にゃ?ボクにもちょうだい。

あぽこ : え〜?ダメだよぉ ふらふら これは赤ちゃんゴハンなんだよ。



KH-0301-2.JPG

琥珀 : お願い。お願い。ボクにもミルクかけゴハンちょうだいにゃ ぴかぴか(新しい)

あぽこ : しょうがないなぁ たらーっ(汗)



琥珀 : わーい ぴかぴか(新しい)

KH-0301-3.JPG

琥珀 : うまうまにゃん るんるん



ぱく ファーストフード ぱく レストラン ぱく ファーストフード ぱく レストラン ぱく ファーストフード ぱく

・・・・・ん???




KH-0301-4.JPG

琥珀 : 小っちゃくなちゃった がく〜(落胆した顔)


猫   レストラン   猫

もうお兄ちゃんなのに、赤ちゃんゴハン食べたからだよ わーい(嬉しい顔) なんちゃって。

お陰様で、ここあの食事量も少しづつ増えてきました。
今のところ、下痢もなく順調です。かわいい

一番下の写真は、琥珀が月齢3ヶ月くらいのころ。
男の子だからか、よく食べるからか、体格もしっかりしていました。
懐かしいなぁ るんるん



posted by あぽこ at 09:40| Comment(12) | TrackBack(0) | ねこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。